アラキドン酸はなぜ老化防止に関係するのか
老化防止

アラキドン酸はなぜ老化防止に関係するのか

最近脳の健康維持に欠かすことができない栄養素として注目を集めているアラキドン酸は、アンチエイジング効果などがあることなどからアラキドン酸サプリメントとしても多くのメーカーが発売しています。
ここではアラキドン酸がなぜ老化防止に関係しているかについて探っていきます。

アラキドン酸は不飽和脂肪酸の1種であり、牛肉や豚肉などの動物性脂肪や、卵や魚や人間の母乳などにも含まれています。
この成分は私たち人間の体内では大量に合成することができなく、年々必要量が減少していく脂肪酸であるため、常に外部から摂取しなければいけません。
アラキドン酸は妊娠期から出産直後のお子さんの発育にも欠かすことができない栄養素とも言われていて、心と脳の発育に大きく関わっている栄養素です。
アラキドン酸は脳神経を活発化させるものとして知られていて、この成分を意識的に摂取することにより、中高年の忘れっぽくなる記憶力の低下を防止し、脳の老化を防止してくれます。
これまで脳の老化を防止することは難しいとされてきて、歳を取れば脳細胞は成長のピークを迎えて死滅していくものだと思われてきました。
しかし最近の研究により、脳細胞が死滅していくスピードを遅らせたり、脳の損傷を回復させることできることも分かってきました。
アラキドン酸を摂取することにより、脳の学習機能を高めることが可能になります。
この成分は脳の老化を防止するだけではなく、肉体の老化を防止することにも関係していることが分かっていて、アラキドン酸にはコレステロール値を調整したり、高血圧の予防効果があることも言われています。
肉や魚をバランス良く毎日摂ることで、必要量を摂取できると言われていますが、偏った食生活を続けていればどうしても不足がちになってしまいます。
特に50代以上になると、1日の理想摂取量の半分しか摂られていないというデータも出ているので、バランスの良い食生活を心掛けるか、サプリメントなどから意識的に摂取して下さい。

このようにアラキドン酸は脳神経を活発化させ、脳の老化を防止する他にも、肉体的にも老化を防止してくれる人間には必要不可欠な成分です。
下記のサイト↓でアラキドン酸の詳しい効果が読めます。